前へ
次へ

給料の額面と手取りの違いを知っておく

仕事をするのは生活のためのお金を得るためでしょう。
ですから求人情報においてもどれくらいお金を得られるのかをチェックすることは非常に大事になります。
しかし情報によっていろいろな書かれ方があるので注意しないといけません。
同じ20万円でもいざ働いてみると金額が異なる可能性があります。
求人情報の給料面においてよく書かれるのは額面いくら、手取りいくらなどの書き方になるでしょう。
正社員を募集するような会社だと額面が多いかもしれません。
こちらは給料がいくらかを表し、基本給やその他の手当てなどを含んだ金額になります。
ただし税金や社会保険料などは引かれていません。
アルバイトなどでは手取り額が示されることが多いかもしれません。
こちらは給料から税金や社会保険料などを控除して実際に渡される金額になります。
生活に必要なお金がどれくらいかわかっているとき、手取りは実際に受ける額なので分かりやすいでしょう。
額面だと控除される金額を考慮する必要があります。

Page Top