前へ
次へ

情報提供のやり方も変遷している

企業が公共職業安定所に求人情報を出し、求職者が紹介してもらう方法もあれば、大学や専門学校などでは卒業予定者を内定者として獲得する「斡旋」という囲い込み方法をとることもあります。
ですが今はインターネット経由での求人が増え、いわゆる求人ポータルが主流になっています。
専門支援サイトも続々増えており、求人を募る企業と仕事を探す求職者との架け橋になるエージェントもいます。
双方の意見を汲み取り、適した人材を紹介することで利益を得ています。
また、社員・パート・アルバイトなど、ライフスタイルに合わせて働き方の選択肢が増えてもいます。
競争率の激しい企業での求人なら、持ち味や特色を出すことが必要です。
自己研磨、スキルアップに昇進・昇格など、関連業界に適した人材を奪われない、いわゆるヘッドハンティングされないためにプラスになることを情報として提供しなければなりません。
いずれも、スキルを奨励する企業がよりよい人材を獲得しています。

Page Top